・アコムは初めての借り入れで初回金利30日無利息サービス
・融資額1万円〜800万円まで 
・アコムの金利 3.0%〜18.0% ※キャッシング利用時、10.0%〜14.6% ※ショッピング利用時
・スマホ、PCからネットで契約まで完了するので来店不要
・たった3項目の入力で借り入れ可能かわかる3秒診断
・即日振込可能
・24時間ネット、ATMからお金借り入れ、返済が可能なのでとても使いやすい
※アコムオペレーターに相談をしたら、勤務先への連絡をなくせる可能性があります。

 

 

 

アコムカードローンで在籍確認なし希望!どうしたら審査通る?

 

お金が足りないときには精神的にも余裕がなくなってしまうものですが、そうした場合に便利なのがキャッシングとよばれるサービスです。

 

ある一定の限度枠の範囲内であれば、いつでも必要な金額をそのつど借り入れることができ、返済も毎月の利用した金額に応じて分割で支払うことになりますので、後々の負担も軽くなります。

 

日常生活をしているなかでも、冠婚葬祭などの機会はいつでも訪れものですし、ほかにも病気やケガのために入院や通院の費用が一時的に発生することなどもあり得ます。こうした機会に街角にあるATMなどを通じてキャッシングができるのはたいへん便利で、当面の必要性がなかったにしても、普段から用心のために契約だけはしておいてもよいはずです。

 

キャッシングのサービスは銀行などの金融機関のほか、いわゆるノンバンクにあたる消費者金融でも取り扱っています。

 

消費者金融のなかでも大手のアコムでも当然ですが、こうしたサービスを取り扱っており、特に無人の店舗で他人と顔を合わせずに契約の手続きができるむじんくんコーナーなどは、テレビコマーシャルなどの媒体でもおなじみのものです。公式ホームページでも宣伝とともにくわしい説明を記載しています。

 

アコムのキャッシングやカードローンを利用したい場合には、まずは申し込みをした上で所定の審査を受ける必要があります。この審査の内容については秘密にされていますが、たとえば公開されている条件としては、20歳以上で安定した収入と返済能力がある人とされていますので、審査も特にこの条件を本当に満たしているかどうかを確認する意味と考えられます。

 

申し込みをする際には住所や氏名はもちろんですが、年収や勤務先、勤続年数などについてもアコムに対して申告をする必要があります。その内容にもとづいて審査をするわけですが、途中で勤務先に対して審査を担当しているスタッフから電話が掛かってくることがあります。これはアコムに限らず、他の消費者金融や銀行などでも融資に先立つ在籍確認の一環として広く行われているものです。

 

電話であればその人が申告したとおりに勤務先に在籍していることがいつでもわかりますし、申告内容が虚偽であった場合にも本人がそのことを取り繕うことが難しいということが背景になっています。

 

したがって基本的な流れとしては、申し込みをしたあとの審査の過程では、ほとんど職場に対して在籍確認の電話があるものと考えるべきでしょう。ただしその際にはことさらにアコムの社名を名乗ることはせず、申し込みをした人のプライバシーにも配慮して、担当したスタッフの個人名を名乗ることになっています。そのため実質的には電話が掛かってきそうだとはいってもあまり身構える必要はなく、普通に応対していれば足りるはずです。

 

それでもやはり電話での在籍確認は遠慮してほしいという場合には、申し込みの時点ではじめての人専用に用意されているフリーコールを通じてオペレーターにその旨を相談してみるのが望ましいといえます。

 

在籍確認は勤務先にたしかに在籍していることを確認することによって、現在の収入や今後の返済能力についての裏付けをとるためのものです。そこでもしも電話以外の確実な方法によってその裏付けをすることができれば、わざわざ電話をしなくても済むことになります。

 

 

この場合の代替手段ですが、会社の健康保険組合で発行している社会保険の保険証や、会社から発行された直近の給与明細書の写しなどの書類を提出することが挙げられます。

 

これらの書類も電話確認と同じように、本人が会社に所属していなければ入手することができない唯一のもので、しかも偽造することが難しいという特徴を持っています。そのため代替手段として利用するには適切なものですので、審査担当のスタッフの判断しだいでは認められる可能性があります。

 

 

ただしあまり歯切れのよい回答にはならないのは、すべての場合に社会保険証などの書類の提出で済ませることができるとも限らないためです。

 

当たり前ではありますが、お金を貸す側としては将来にわたって返済がとどこおるなどのトラブルを避けることが重要ですので、審査にあたっても安全で確実な方法のほうを採用したいはずです。

 

そのため少しでも不審な点があれば、従来から有効性が認められている職場への電話という手段にしたいのは事実といえます。

 

したがっていくら電話確認をしてほしくはないからといっても、事前の相談の結果しだいでは認められないこともあり、その場合は別の会社のキャッシングやカードローンのほうを探してみるほかはないといえます。

 

もっともアコムは保証人や担保が不要で、限度額も最大で800万円まで、実質年率も最低の場合は3.0パーセントからという好条件がありますので、相談もせずにあきらめるのは得策とはいえません。あくまでも事前に相談をしてみて、認められるかどうかを探った上で、そのまま申し込みをするか、それともほかの会社に乗り換えるかを選択すればよいといえます。