アイフルは大手消費者金融の中でも

 

スピード、シンプル、シークレットがモットーのサービス

 

安心感があるとユーザーから高い評価を得ています。

 

在籍確認も書類で対応可能なので、

 

職場連絡なしと希望すれば、会社に電話なしで在籍確認可能です。

 

職場や家族にばれずに今日中にお金を借りたい方は

 

アイフルの審査に申し込んでみてください。

 

アイフル詳細情報
・金利 4.5−18.0%
・利用額 1万円から500万円まで
・ネット、スマホから申し込み可能
・最短30分で審査完了

 

 

 

アイフルカードローンは即日融資可能?どうしてもお金が必要だけどどうしたらいい

 

お金を借りたい場合には、最初に銀行に駆け込み、カードローンを利用することもできますが、アイフルなどでカードローンを利用することも可能になります。基本的に業者に大きな違いはありませんが、イメージの違いとしては銀行の方が堅実なイメージです。

 

ところが最近は、金利が非常に低くなっていることから銀行も積極的にお金を貸すようになってきました。

 

このように考えると、キャッシングにおいては消費者金融も銀行もそれほど違いがないことがわかります。もちろん細かい部分を見ていけば違いはあるかもしれませんが、それもわずかな違いになりますのでそれほど大きな違いがないと言い切ってしまっても問題がありません。

 

そこで、アイフルの細かい部分を見ていくとどのような特徴があるかですが、基本的に手続き行う場合には24時間対応していますのであいている時間に行いましょう。

 

特に、深夜勤務している人にとっては、昼間寝ている時間が多くなりますのでなかなか契約することができませんが、最近はインターネットを利用すればパソコンでもスマートフォンでも簡単に登録することができるため便利になります。

 

お金がすぐ必要な人にとっては、当日振り込みも可能になっていますのでこれを上手に利用する必要があります。ただ注意をしなければならないのは、当日振り込みといっても100パーセント当日に振り込んでくれるわけではありません。極端な話ですが、この日の午後11:30過ぎにインターネットから申し込みをしてもその日のうちにお金を借りることができる可能性は少ないです。

 

たいていの場合は、その日のうちにお金を借りたいならば午前中かを昼過ぎぐらいまでに申し込みを済ませておくことが大事です。夜勤の人の場合には、頑張って昼間起きているかあるいは夜の時間帯に申し込みをして次の日の午前中に振り込まれていることを祈るばかりです。

 

審査をする場合には、一定の条件が定められておりそれに従って行うことになります。どのような条件かといえば、少なくとも安定した収入があることは求められます。なぜ安定した収入があることが重要かといえば、返済する場合には毎月決まった日に返済をするからです。最初の月の給料良くて次の月の給料がゼロの場合には安定した収入と言えませんし、給料がゼロならばそもそも返済できない可能性も高くなります。

 

普通に考えれば、最初の月に設けたお金を翌日に回しますので問題ないといえますが、必ずしもそのような人ばかりではなく、少なくともお金を借りるような人は金銭的に不安定な人が多いです。あれだけのお金をすべて使ってしまい、手元に残らない状態で過ごしている人もいるわけですので全員が金銭的に信頼があるとは限らないわけです。どれぐらいの収入があればよいか問題になりますが、基本的に年収で150万円ほどあれば融資してもらうことができると考えるべきです。

 

手取りで150万円ほどになりますので実際の給料は200万円弱になります。場合によっては、それ以下の年収でもお金を借りることは可能ですが、あまりたくさんのお金を融資してもらうことはできません。そもそも、それぞれの借り主に限度額ではなく極度額が定められています。限度額は、全員に対して一律の金額になりますが極度額は人によって異なります。年収が低い人の方が極度額が低くなりやすくまた信頼が十分にない人は極度額が低くなりやすいです。

 

逆に極度額が高くなりやすい人のポイントは、基本的に年収が安定してたくさんあることとそして信頼されていることです。どのようにしたら信頼が生まれるか問題になりますが、信頼されるためにはしっかりと決められた日時に返済をする必要があります。これを継続的に繰り返していくことにより、半年もすればその人は滞納せずに返済してくれると業者の方でも認識するでしょう。

 

アイフルとしては、あまりお金を貸したくないわけではなく可能なかぎりお金を貸したいと考えています。それにもかかわらず、増額できないのは信頼がない証拠になります。増額できない人は、もしかしたら過去に滞納した経験があるか債務整理などをした経験がある可能性も高いです。

 

では、いくら即日に融資をしてくれるとはいえそもそも審査に通らない人はどのような人かといえば、やはり金銭事故を発生させてしまった人の場合です。自動車でも、離婚の多い人は保険の金額が高くなったりそもそも保険自体に入ることができないようになっています。

 

あるいは生命保険の場合ならば、プロレスラーのように危険な仕事をしている場合には保険会社がそもそも加入させてくれない可能性が高いです。これとおなじように信用事故が発生してしまった人に対しては、お金を貸してくれないと考えてよいでしょう。

 

もちろん、いつまでも貸してくれないわけではなく5年ないしは7年ほど経過すると借り入れる可能性が高くなります。ある意味5年から7年の歳月は時効と考えられますのでそれだけの時間が過ぎれば融資をしてくれる可能性が高いでしょう。