最近、人気急上昇中の消費者金融がSMBCモビットです。

 

SMBCモビットは、担保保証人なしでお金を借りることができ

 

WEB完結であれば、書類で審査が完了。

 

職場連絡なしでお金を借りることができます。

 

年利3.0〜18.0% 
※他消費者金融と比べて、年利の安さが魅力

 

アルバイト、パート収入ある主婦や学生もお金を借りれます。
(安定した収入のある方)

 

1万円から限度額最大800万円 

 

10秒簡易審査
当日振込(即日融資)には、14:50までに審査&振込み手続き完了すれば可
※14:50までの振込手続完了が必要です。
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

SMBCモビットをおすすめする理由は、

 

SMBCモビットWEB完結

 

東京三菱UFJか三井住友銀行の口座をお持ちなら、

 

職場電話確認なし、SMBCモビットの封筒なし、SMBCモビットからのメールなしというサービスがSMBCモビットWEB完結です。

 

↓SMBCモビットで今すぐキャッシング
SMBCモビット

 

 

SMBCモビットカードローンの在籍確認はどんな感じ?会社や勤務先にに電話来る?

 

キャッシングでお金を借りる際には常に在籍確認が行われます。これはSMBCモビットカードローンであっても例外ではありません。この在籍確認とはどのようなものなのか、どんな感じで行われるものなのかを説明しましょう。

 

これは、簡単に言うと、カードローンの申込書に記載した勤務先に本人が本当に勤めているのかを確認するため、ローン会社の担当者が申込書に記載された電話番号に電話をかけて確かめることです。勤務先については、申し込み時にそれが本当かどうかを確認されるわけではありません。別に勤務先がそれで正しいかどうかの証拠となるような書類などの提出を求められるわけではないのです。

 

ですが、勤務先情報というのは融資をする側にとっては極めて重要な情報です。融資したお金がきちんと返済されるかどうかは本人に収入にかかっており、その収入をもたらすものがすなわち本人の勤務先だからです。あってはならないことですが、この勤務先情報に嘘やごまかしがあっては融資するほうとしてはたまったものではありません。極端な話ですが、本当は無職であるにも関わらず勤務先には誰でも名前を知っているような有名大企業が書かれていたとして、それを鵜呑みにしてしまったとしたらどうなるか、少し考えてみれば分かるでしょう。

 

ここまでの真っ赤な嘘はちょっと極端ですが、例えば少し前まで実際に勤めていた勤務先を書き、でも実は既に辞めてしまっているというようなこともあるかもしれません。意図的なものであればこれでも論外ですが、申込時には確かに勤めていたけれども、実は既に退職が決定しており、いずれは返済に行き詰るであろうことが分かっている状態で申し込むような不遜な輩もいないとは限りません。

 

このようなことをまとめて防ぐために、ローン会社として行うのが在籍確認です。はっきり言えば、ローン会社は申込書に書かれた勤務先情報がもしかしたら真実ではないかもしれないと疑ってかかっているということになります。人を信じられないなんて可哀想な話だと思われるかもしれませんが、現実はむしろその逆で、そのようにすることが金融会社全体のルールとして定められているのです。ですから、最初にも書いたとおり、お金を借りる以上はこの手続きを避けて通ることはできません。

 

以上が在籍確認のあらましですが、では具体的にどのように電話が行われるのか、詳細を説明していくことにします。先ほども書いたように、ローン会社の担当者が申込書に書かれた勤務先の電話番号に電話します。あくまでも申込書に書かれた番号に電話するのであって、その会社のウェブサイトなどを見てそこに記載されている番号にかけるわけではありません。そのため、万が一間違った番号が申込書に書かれていた場合は手続きが滞ることになります。誰でも間違いはありますから、そのような場合、一応は本人に電話連絡が行われ、勤務先電話番号が間違っていないかなどの確認をしてくれるでしょうが、そういう確認が不調に終わった場合には在籍確認が取れなかったものとして扱われてしまうかもしれません。

 

電話で最初に行われることはまず名乗ることですが、ここで、ローン会社の担当者はモビットカードローン担当者であることは決して名乗りません。そんな物の言い方をしては、電話に出た人に対して、本人がカードローンの申し込みをしたことが分かってしまいます。お金を借りるということは非常にセンシティブで、プライベートな話ですから、在籍確認という形で勤務先に電話をかけることは必要としても、そのようなプライバシーの保護には万全を期しているのです。

 

ですから、仮に電話に出たのが本人ではなく同僚や上司、部下であったとしても、本人がカードローンを借りようとしていることが分からないように話が進められます。そもそも、確認したいことは名前のとおり、本人がその会社に在籍しているか、籍を置いているかどうかだけです。ですから、本人が直接電話に出るなり、代わってもらって出るなりした場合は、事実上それだけで在籍確認は終了です。会社に電話をかけて本人が電話に出れば、常識的に考えてその人はその会社に籍を置いている人であるわけで、それ以上突っ込んで確認すべき内容などありません。

 

多少問題になり得るとすれば、たまたま休暇を取っているとか、出張に出かけている、あるいは会議中などで手が離せず、本人が電話に出られない場合です。このような場合でも、本人と直接話すことが必須とされるわけでは決してありません。電話に出た人との会話により、本人はたまたま電話に出られないだけで、その会社に籍を置いていることが明らかとなれば、在籍確認はそれで終了します。電話に出た同僚などが、本人はあいにく本日出張しております、とか、あいにく会議中で手が離せません、などのように返事をすれば、本人はその会社に籍を置いている人であることは明らかでしょう。つまり在籍確認はそれで終了となります。